かかとがひび割れてしまう理由

ストッキングをはく時に、よく破いてしまう人がいます。理由の一つは、かかとがひび割れているからです。

 

ストッキングが引っかかってしまって破れてしまうのです。

 

では、かかとがひび割れる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

大きな原因の一つは、肌の水分が失われることです。その結果として、かかとの肌の表面がひび割れてきてしまうのです。

 

それで、かかとにも保湿をしてあげるという発想が必要になります。女性であれば、顔の保湿には気を配ると思いますが、かかとにも同じような気配りが必要ということです。せっかく保湿をしてあげても、それが浸透していかないとあまり効果が上がりません。それで、保湿をした後はそれを浸透させるために、靴下をはいておくほうがよいでしょう。

 

お風呂上りに、保湿したならばその段階で靴下をはくようにします。夜寝るときには何もはかないで眠るという人も多いと思いますが、足のガサガサを治すためには肌の水分を保つことを優先する必要があります。

 

また、水虫があることでも、足の裏はガサガサになってしまいます。

 

水虫は無視していても治りませんので、水虫の菌を除去するために手段を講じる必要があります。これらの理由に気を配っているならば、ひび割れを軽減していくことができます。

しつこい水虫への最終手段です!

女性用