かかとや足の裏の角質ケアの注意点とは

やわらかいスベスベな足の裏・かかとを目指すためには、入浴中ではなく入浴後にフットケアを行うことが効果的です。一般的には軽石などを使用して古い角質を取り除きますが、角質が気になってしまうとついつい削りすぎてしまい、皮膚をさらに傷つけ角質肥厚にもつながります。

 

こういった角質ケアの場合には、乾燥した足でかるくこするというのが効果的です。濡らした乾燥していない足の状態で擦ると、角質を削りすぎたりとさまざまトラブルが起こってしまうので注意をしましょう。

 

足の裏やかかとの角質ケアをした後に痛みがあった場合には、削りすぎの可能性があるのでしっかりと保湿を行いケアをしてあげましょう。

 

毎日行うのではなく週に2〜3回程度にしておくと足のトラブルも少なくなるでしょう。

 

角質が硬くなるまで放っておかないで、日ごろからフットケアをすることでスベスベのきれいな足になっていきましょう。

しつこい水虫への最終手段です!

女性用