AX

みちこです。

こんにちは!

 

横浜市在住のみちこって言います。現在は1児のママになっています。

 

横浜の神奈川区で生まれて白百合乳児保育園ってとこに通っていて、神奈川小学校⇒浦島丘中学校と通って、高校は横浜商科大学高等学校にいっていまい.した。高校卒業後は、東京で医療関係の専門学校に行ってました。専門学校卒業後は地元横浜で就職して社会人3年目で今の旦那と結婚をして子供をまれました。

 

現在も横浜で過ごしています。夏になったので新横浜公園 日産ウォーターパークに家族で行ってきました♪昔の私なら考えられないことですが…

 

ここだけの話言いたくはないんですが、以前わたしすごい水虫だったんです…

 

見渡せばいつの間にか水虫に…

そんな私が水虫になったきっかけを恥ずかしいけどちょっと話しますね。

 

水虫との出会い

私が彼と出会ったのは20歳の頃です。初めて彼の存在に気づいたのは、足の指の間の皮がめくれている事実を発見したのがきっかけでした。
しかし、その当時は水虫=かゆいという固定観念があったため、まさか自分の足が侵されているとは思いもしませんでした。
皮のめくれが日に日に強くなってきて、次第に痛みが出て来るようになりましたが、依然としてかゆさは全くありませんでした。
しかし、徐々に私の頭の中にはある1つの仮説が浮かんできたのです。
「これ、いわゆる水虫じゃないの…?」
まさか、と思う反面、自分の足は日に日に変化しています。次第に完全に水虫の症状が出てきていました。

 

感染ルートは?

しかし、一体どこから彼はやってきたのだろうかとよくよく考えると思い当たる節がありました。職場に置いてあるエアロバイクです。毎日患者さんが利用されているんですが(私の仕事は医療職です)、時にはスリッパは漕ぎにくいという理由により素足で乗る方がいるんです。

 

そして私もダイエットのために仕事終わりにエアロバイクを使用していたんですが、その時に裸足で漕いでいたのです。きっと靴下が蒸れて気持ち悪かったのでしょうね。結果的に、逆に湿潤で気持ち悪い足になってしまいましたが…。

 

これが私の水虫体験談です。
自宅、親戚の家、大衆浴場、運動施設、感染ルートは無数に存在します。でももしかして?たら思ったら早めに何らかの処置をすることが一番ですね。案外罹患している人は多いので、恥ずかしがらずに一歩踏み出してみましょう。あなたの足の裏がいつまでも綺麗なまま保てるように祈っています。

あなたは「白癬菌」という文字を見てなんの菌なのか分かりますか?

 

聞いたことのない細菌だなと思った人も結構多いかもしれませんが、この白癬菌は誰もが知っている病気の原因となっている細菌なのです。

 

水虫の原因は白癬菌!

白癬菌はどこにでもそんざんしている菌です。そして、白癬菌は皮膚に付着して角質層に24時間ほどかけて侵入しようとします。
侵入に成功したら角質層に存在しているケラチンという成分を餌に生きていき、定住するとどんどん増殖していきます。

水虫解消で足美人に!

夏にサンダルやミュール、冬はブーツといったものを履いて、街を歩いていてもいざ靴を脱ぐとなると思わずためらってしまうことはありませんか?

 

最近、かかとがガサガサになっている足のトラブルを抱えた女性が増えているといわれています。正直、『私の足はきたい』って思っている女性は多くいます。この状態を放置しておけば、かかとや足に角質がたまってしまい取り返しのつかないことになりかねませんよ!!

 

女性にとって角質とは、大敵です!きれいできめ細かいお肌をを目指すなら、与えるケアと同じぐらい必要なことは落とすケア、つまり角質ケアが大切です!

 

特に、かかとのガサガサやゴワゴワは最悪です。

 

でも、かかとがなんだかガサガサしていたりひび割れてしまっているといった症状が出ている場合、まず肌の乾燥を疑うかと思います。しかし実はそれは乾燥しているだけではなく、水虫である可能性があります。

 

かかと水虫とは名前から察することができる通りかかとにできる水虫です。水虫といっても痒みなどはないため、一般的な足にできる水虫のようにすぐに水虫だと判断するのが難しくなっています。かかとがガサガサしてひび割れてしまっている、白く粉を吹いている、自分や家族に水虫の方がいるといった場合にはかかと水虫を疑ってみると良いでしょう。

かかとの足の裏のトラブルはこうして起こる!

足の裏は、手のひらと同様、体の中で最も角質層が厚い部分になります。あなたの体重を支えているのが足の裏ということになり、いつもかなりの刺激を受けています。

 

特にサンダルやミュールなど、かかとに負担がかかる靴を履いた時はなおさらです。かかとや足の裏のケアをしていないとすごく汚いのが目立ってしまいます。

 

かかとは、足の裏でも最も角質が厚く、ヒールや高いサンダルやミュールなどをはくことでかかとや指の付け根部分など刺激してますます角質を厚くしてしまいます。

 

こうなると皮膚の表面にある細胞に水分がなくなり乾燥し、結果かかとがひび割れたり亀裂が入ったりして傷んだりしてしまうのです。

 

かかとのガサガサは、足が汚いばかりかひどくなるとストッキングを破ってしまったりひび割れが悪化して出血をしたりすることもあります。足の裏が痛い上にこんな状態では歩くことにも支障がきたしてしまいます。

 

なので、足の裏に角質がたまってひび割れたり痛くなったりしないためにも普段からかかとや足の裏といった角質がたまりやすい部分をケアしてあげる必要があります。

水虫なら知っておきたい白癬菌とは

すると、感染したまま放置しているとかゆみや水ぶくれ、皮むけなどの症状が発生してしまうのです。

 

そう、白癬菌は水虫を引き起こす菌なのです。

 

気づきにくい水虫にご用心

白癬菌は上述の通り、至る所に存在しています。
そして、日本人はなんと5人に1人が水虫持ちと言われています。
これは、白癬菌は高温多湿の状態を非常に好み、そんな環境になると活発に活動するので、特に夏に湿度が非常に高くなりやすい日本では白癬菌は非常に住み心地がいいといえるからでしょう。
水虫というと多くの人は足にできるものを想像するでしょう。
実際、水虫患者の大半は足が水虫の症状にかかってしまっている人が多いです。
そうなった人はかゆみも出て気づきやすく、すぐに対策をとれるのです。
しかし、中にはなかなか気づきにくい水虫もあります。
爪水虫はそんな水虫の1つです。

 

爪は水虫解消の要

爪水虫は名前のまんまで、爪が白癬菌に感染してしまい、水虫状態になってしまったことを指しています。
この爪水虫の厄介なところは足などにできる水虫と違い、かゆみなどは感じないことが多いのでなかなか気がつかないのです。
そして、爪が白癬菌に感染してしまったことが原因でそこを定住地の中心として白癬菌が増殖し、足に水虫が出来てしまったり、足の水虫が治ったとしても爪には白癬菌が感染したままで、また足に水虫が再発してしまうこともあるのです。

 

爪の異変を感じよう

爪水虫は気づきにくいと書きましたがサインはあります。
爪が厚くなっている、ポロポロになっている、色が変色している、縦に線が入っているなど普段は見られない症状があるなら爪水虫を疑い、まずは病院に行って、診断してもらうことをおすすめします。
早めに気がつけば少しでも爪の状態の悪化・白癬菌の広がりを防げます。
薬も市販で買えるもので治せるので早めに治療しましょう。

横浜市にある水虫治療皮膚科一覧

旭区

病院名 TEL 住所
きくち医院 045-954-3234 〒241-0002 神奈川県横浜市旭区上白根1-8-9
森田皮フ科 045-366-2370 〒241-0816 神奈川県横浜市旭区笹野台1丁目1-38
やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニック 045-364-8081 〒241-0826 神奈川県横浜市旭区東希望が丘105-1 ハロースプリングビル1階

青葉区

病院名 TEL 住所
あおば皮フ科 045-905-1666 〒225-0005 神奈川県横浜市青葉区荏子田3-1-1 青葉福祉援助会ビル1F
たまプラーザ あかりクリニック 045-530-5432 〒225-0003 神奈川県横浜市青葉区新石川2-4-16
あざみ野皮膚科 045-905-1241 〒225-0011 神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-9-11

泉区

病院名 TEL 住所
いずみ野皮ふ科 045-804-1210 〒245-0016 神奈川県横浜市泉区和泉町5732-9
横浜中田皮フ科 045-800-3217 〒245-0012 神奈川県横浜市泉区中田北2-7-3
かずまさ整形外科 045-810-0123 〒245-0004 神奈川県横浜市泉区領家3-2-4山手台IKプラザ2階

戸塚区

病院名 TEL 住所
とつか整形外科 皮フ科 045-869-1215 〒244-0817 神奈川県横浜市戸塚区吉田町944-5
はっとり泌尿器科・皮ふ科 045-862-5001 〒244-0816 神奈川県横浜市戸塚区上倉田町447-1
戸塚小林皮ふ科 045-869-0828 〒244-0816 神奈川県横浜市戸塚区上倉田町498-11
医療法人社団 健齢会 ふれあい東戸塚ホスピタル 045-827-2637 〒244-0806 神奈川県横浜市戸塚区上品濃16-8

神奈川区

病院名 TEL 住所
渡辺皮フ科クリニック 045-491-9867 〒221-0865 神奈川県横浜市神奈川区片倉5-1-1ARビル1F
みついわクリニック六角橋 - 〒221-0822 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川3-8-2
ココ皮フ科 045-548-6555 〒221-0044 神奈川県横浜市神奈川区東神奈川1-29 CIALPLAT 4F
横浜西口菅原皮膚科 045-324-1277 〒221-0835 神奈川横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 谷川ビル3階

鶴見区

病院名 TEL 住所
エムズ皮フ科形成外科クリニック 045-586-1112 〒230-0062 神奈川県横浜市鶴見区豊岡町8-19ソピアビルディング1F
あやめ皮フ科スキンケアクリニック 045-508-2121 〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-1-3

西区

病院名 TEL 住所
ミルディス皮フ科横浜西口 050-3734-5835 〒220-0073 神奈川県横浜市西区岡野1丁目14-1
おさく皮膚科 045-252-0052 〒220-0053 神奈川県横浜市西区藤棚町1丁目120
木村クリニック 045-311-5645 〒220-0072 神奈川県横浜市西区浅間町5-380-1
久保クリニック 045-316-2555 〒220-0004 神奈川県横浜市 西区北幸2-5-15

中区

病院名 TEL 住所
渡辺皮膚科クリニック 045-622-2333 〒231-0827 神奈川県横浜市中区本牧和田12-22-1F
日本大通まま皮ふ科 045-681-1212 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町70-13
川嶋泌尿器・皮膚科医院 045-662-1971 〒231-0024 神奈川県横浜市中区吉浜町2-4

磯子区

病院名 TEL 住所
奥田皮膚科 045-833-0371 〒235-0045 神奈川県横浜市磯子区洋光台4丁目6-35
杉田ファミリークリニック 045-350-2111 〒235-0032 神奈川県横浜市磯子区新杉田町8-8 ハマシップモール3階
伊部皮膚科クリニック 045-751-8712 〒235-0016 神奈川県横浜市磯子区磯子3-3-21江戸徳ビル1F

金沢区

病院名 TEL 住所
かわぐち皮フ科 045-781-4112 〒236-0053 神奈川県横浜市金沢区能見台通25-28
いとうファミリークリニック 045-353-3123 〒236-0016 神奈川県横浜市金沢区谷津町378
梅田皮膚クリニック 045-788-6260 〒236-0053 神奈川県横浜市金沢区能見台通2-3